スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トントン 

2008年に購入した「三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド」ですが(当時は2万円超)、少しずつ積立を続けた結果、平均取得価額が下がってようやくトントンとなりました。
これからはプラスしていくかしら。

この投信とETFは、しばらく購入していきます。

スポンサーサイト
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2010/10/26 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)

TOPIX上場投信の分配金 

TOPIX連動型上場投資信託(1306)の分配金をいただきました。
第9期は、10口あたり16円10銭。昨年は、18円80銭。

昨年前は郵便局に受け取りにいく必要があったのですが、今年からは証券会社の口座に振り込まれるようになりました。便利でいいですね。
まあ分配金がない方がもっとよいけど。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2010/08/21 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)

ミニ積立 

楽天証券のミニ積立が気になっています。

楽天証券は、10月中旬から投資信託の最低積立金額を10,000円から1,000円に引下げます。
「ミニ積立」開始についてのお知らせ

1,000円で積立ができると、投資に回せるお金が少ない月でも複数の銘柄が購入できるんですよねえ。
いまは1万円しか積み立てできないときは、TOPIX1銘柄だけ買っています。
この縛りがなくなるのはうれしい♪

ジョインベストの投信をどこに移管させようか考えていますが
休眠中の楽天証券もありかなあ。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2009/09/30 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)

野村ジョイ 

ジョインベスト証券が2009年11月23日に野村證券と統合し「野村ジョイ」となるそうですね。
2通のメールが届いていました。

無くならないだけよかったのですが、買付停止となる投資信託が167銘柄もあり、私の保有する投信も含まれていました。ガックシ
移管して撤退するかあ。

野村證券との統合に関する重要なお知らせ


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2009/09/18 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)

分配金 

TOPIX連動型上場投資信託(1306)の収益分配金計算書が届きました。
第8期の収益分配金は1口当り18円80銭。

投信をメインで持っている私にとって、ETFの分配金は困り者です。
再投資するには金額が少なく・・。

とりあえず利息ぐらいの気持ちで振り込んでおきます。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2009/08/19 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)

目論見書は要らない? 

金融庁は22日、金融審議会の作業部会を開き、投資信託を購入する際の手引書である「目論見書」を簡素化する方向で議論を始めた。記載項目を削減してページ数を大幅に減らし、投資家にとって分かりやすくする。目論見書は一般的に100ページ程度と分厚く、内容も分かりにくいと指摘されている。欧米では、目論見書を2~3ページに制限する案が検討されているという。

携帯電話やパソコンや取扱説明書も分厚くて分かりにくいとの声もありますが、私はこういった分厚い説明書を読むのが好きです。

目論見書もいろんなことが書かれてあって、新規投資のときは、じっくり読む派です。
証券会社の口座を開設したときに送ってくるMRFの目論見書は要らんけど。^^;

これが銀行に置いてあるような薄っぺらなパンフレットみたいになってしまうのかと思うと敷居は低くなりそうですが、リスクを認識しないで購入してしまう個人投資家も増えそうです。

米国の投信目論見書改革案に対する投資家の反応(日本証券経済研究所)


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2008/10/24 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)

ナンピン発動 

トヨタさえPBR1倍割れとなるこの異常事態。
投資家にとっては絶好の買い場なんでしょう。

中国やインドファンドも1万円程度で購入できるようになり、目移りしてしまいますが、今年の5月から新たに積み立て始めた「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」は基準価額が5,718円と、最初に買ったときから半値近くまで値を下げました。

02311084-081013

まずはこの投信にナンピン発動かな。
いまの平均購入コストは9,794円なので、ここでぐっと下げたいところです。

資金がいくらあっても足りないなあ。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2008/10/14 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)

新興国株式が5割 

先日改めて自分のアセットアロケーションを見てみると、圧倒的に新興国株式比率が高くなっていました。
今年からの株価下落でインドとその他新興国株式の買い増しをすすめていました。

・日本株式16%
・海外株式16%
・海外債券16%
・新興国株式52%

長期積み立てなので、株式100%でもよいと考えていましたが、債券の比率も少ないことから、新興国債券を加えてみたいし、金なんかも加えてみたい。
とりあえず、しばらくはこんな感じで積み立てたいと思います。

・日本株式インデックスファンド1万円
・海外株式インデックスファンド1万円
・海外債券インデックスファンド1万円
・新興国株式インデックスファンド1万円
・新興国債券インデックスファンド1万円


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2008/10/06 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(2)

嵐は一段と激しく 

世界経済の嵐は一段と激しくなっています。

世界景気インデックス(7月の天気図)
w0807
日本経済研究センター

今年の5月から新たに積み立て始めた
年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
ですが、11,000円台だった基準価額も8,000円近くまで下落しています。

02311084-080924

底がわからない以上、分割して積み立てるのがいいのでしょうけど、まだしばらく低空飛行は続くと思われるので、積み立てたことにしておいて、翌月2ヶ月分を積み立てることにしようかなあ。

新興国は値動きが激しいのでスポット買いにしようかと悩んでいます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2008/09/26 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)

REITはもうちょっと待とう 

国土交通省が2008年9月19日に発表した08年の地価動向調査によると、07年7月以降の1年間の地価変動率は、全国平均の住宅地で1.2%下落して下げ幅が拡大、商業地では0.8%下落して上昇から下落に転じた。地価の下落傾向が鮮明になってきた。

用途別

圏域別
住宅地宅地見込地商業地
平成19年平成20年平成19年平成20年平成19年平成20年
変動率変動率地点数変動率変動率地点数変動率変動率地点数
東京圏4.81.62,224-0.2-0.91312.14.0827
大阪圏2.91.01,167-2.2-1.4118.02.8359
名古屋圏2.41.5512-1.10.387.21.9253
三大都市圏4.01.43,903-1.1-0.83210.43.31,439
地方圏-2.3-2.110,801-4.1-3.5214-2.6-2.53,462
全国-0.7-1.214,704-3.7-3.22461.0-0.84,901
平成20年都道府県地価調査(国土交通省)

不動産会社の破綻が相次ぐ中、地価下落とリーマンショックで倒産も加速するかもしれないとのこと。

金融機関から資金は貸し渋りされ、地価下落から在庫物件は評価損が膨らみ、不動産とREITの買い手だったリーマンがなくなり、不動産業界は冷え込んでいます。
さらにリーマン社員は高級マンションに住んでいたので、高級マンションも厳しくなる?

日経ヴェリタスの記事によると、全国118人による不動産鑑定士のアンケート結果は「今後2~3年間は不動産市況の下げ基調が続く」とのこと。

18日に上場した「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)」にちょっと興味がありますが、ポートフォリオに追加するのは、まだしばらく先の事なりそうです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2008/09/21 ] 投資信託 | trackback(0) | comment(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。