スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医療保険のタイプ 

生命保険に医療特約をつけることも可能ですが、医療保険はできるだけ切り離して契約した方がよいです。

生命保険の保険料を払い込んでしまったら特約の効力がなくなってしまったり、生命保険を解約すると特約の医療保険まで解約されてしまいます。高齢で医療保険に入るのは大変なので健康な若いうちに入っておきたいですね。

医療保険にも生命保険と同じ3タイプがあります。
また終身保険の場合には、保険料の支払いに、終身払いと払済みがあります。

終身払いは、一生涯保険料を払い続けます。
払済みは、60歳までなど期間を決めて保険料を払い込みます。保険料を払い込んだ後も保障は一生涯続きます。

終身払いは保険料が安く、長生きをすれば損をします。
払済みは保険料が高く、早く亡くなれば損をします。

さて、どれを組み合わせればよいのでしょうか?

定期保険の場合、更新の度に保険料が上がってしまうので、終身保険で入った方がよいと思います。高齢になれば病気にかかる確率が高くなりますからね。

終身払いと払済みについては、どちらもメリット・デメリットがあるので、難しい判断です。保険によっては、払済みがないので、仕方なく終身払いになってしまうこともあります。

私は、終身保険で払済みにしようと思います。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2008/01/31 ] 生命保険 | trackback(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gochiny.blog82.fc2.com/tb.php/32-f5f44ab4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。