スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロスカットされる為替レート 

スワップポイント狙いの場合、ずーっとほったらかしにしておく必要があります。

外為どっとコムで、1万豪ドルのポジションを建てるには4万円が必要です。
(2008/4/4 1豪ドル93円、スワップポイント160円)

外為どっとコム(2008/01/28現在)
レバレッジ豪ドル(1万通貨)
取引保証金
2倍400,000円
5倍160,000円
10倍80,000円
20倍40,000円

外為どっとコムのロスカットルールは、取引保証金の30%までお金が減ると発動となるので、口座に12,000円以上のお金が残っていればよいことになります。

4万円(取引保証金)×30%(ロスカットレベル)=12,000円

円高が進んだ場合、豪ドルの為替レートはどのぐらいになるのでしょう?
誰にもわからないので、過去5年間で一番低いレートを目安にしてみます。
1豪ドル70円ぐらいを見ておけば、かなりリスクが低くなると思います。

AUDJPY


93円-70円=23円
1万通貨保有しているとき、1円の円高で1万円の損失となるので、
23万円の余裕資金をもっておけばよいということですね。

ロスカットとなる最低取引保証金の12,000円+円高リスク分の23万円=24万2000円を預けていれば、1豪ドル70円になるまでロスカットされずに保有できることになります。

レバレッジの計算をすると、
(93円×1万通貨)÷24万2000円=3.8倍となります。

もっと円高が進むと思えば、レバレッジを低くしておけばよいのです。

短期売買の場合には自分でルールを決めて損切りすることも大切です。

(2008年10月6日追記)
米金融危機による急激な円高で豪ドルも70円台に突入しました。
これが高金利通貨の怖さですね。
スワップ狙いは崩壊しました。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
[ 2008/03/02 ] 外貨投資 | trackback(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gochiny.blog82.fc2.com/tb.php/78-93ed1771








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。